真剣な相談に向き合う準備ができているか? | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年12月1日木曜日

真剣な相談に向き合う準備ができているか?

おはようございます。
12月になりましたね。
今年も残り1か月。
1日を大切にしたいと思います。

昨日は笑えるくらい同じタイミングで
問い合わせや連絡があった1日でした。


真剣な相談に向き合う準備ができているか?


暖めていた案件がこのタイミングにスタートする?
都合よく自分のタイミングに合わせることはできません。

声がかかるのはとてもありがたいことです。
こういう時のために日頃から段取りに気を配り、
いざというときにやりくりできるよう鍛えているのです。

進行中のプロジェクト、
これからスタートするプロジェクト、
飛び込みの相談。

どれも相手から見ると一つの大切な要件。
手を抜くことはできません。
でも、限られた時間。

しっかり優先順位をつけ一つづつ丁寧に。
なおかつ自分の時間を確保することも忘れない。

そのためには実力をつけること。
こつこつノウハウを溜めていこうと思います。

マーケティング戦略・戦術の全体像をさっとつかみ
すばやくボトルネックを見つけ出すスキル。

的確な3C分析。
分かりやすいレポート・・・
というより行動に移すためのレポート。
そして適切なタイミングでの検証とフィードバック。

ダラダラとヒアリングばかり続けることなく
すばやく実践に移せる実力。

スピードは力だと思うのです。
空回りせず着実にしかも早く。

まだまだ身につけることは多くあります。
真剣な相談に向き合う準備ができているか?
常にセルフチェックしたいとおもいます。

この記事もおすすめ
割り込みの依頼に備えておく
2年後に良いお付き合いをするための種まき
マーケティングを極めるなら野菜作り