うちにはないから他をあたってくれ! | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年6月9日金曜日

うちにはないから他をあたってくれ!

おはようございます。
Web担当者でなければ自社サイトは意外と見ていないもの。昨日もそんなことを再確認できました。新規企業への訪問で執行役員と面談したのですが自社サイトをあまり見ていないご様子でした。




競合企業各社のアクセスランキングなどは生産財のポータルサイトから入手しチェックしているのに、自社サイトにライバルの広告がたくさん出ていることをご存じありませんでした(リスティングも行いGAも入っている企業です。)。付き合いのある広告会社や制作会社がいるのにどこからも指摘がなかったなんて・・・。すごくショックでした。

たしかに普通の状態ではライバルの広告は表示されるようなことはありません。しかし、サイト内検索を使うと・・・同業者のリスティング広告がサイト内に表示されるのです。

足元がお留守の状態です。ライバルのアクセスより多いか少ないか気にするより前に済ませておく必要があるのです。それなのに問題にさえ気づいていない。今回指摘したのでおそらく改善されると思うけど・・・それは対処療法。

これを機に正式にWeb担当者をつけ、サイトの問題点をすべて洗い出し計画的に手直しを加えるべき。お知らせの更新や、古くなった情報のアップデート。そして不具合の修正。それらを責任をもって担当する人をつけなければならないのだと思います。

そういったWebサイト運営を確実に行うことが最低ライン。今の段階でできる提案などありません。サイト不具合をすべて直すこと。それが先決。

サイト内検索は自社サイトで熱心に情報を探しているユーザーが使うもの。その結果にライバルの広告が出るのは、そのユーザーに「うちのサイトには情報ないからライバルに行ってくれ!」と言っているようなものだと思うんです。

完全に会社にとってマイナスです。あなたのサイトは大丈夫か一度チェックしてはどうでしょうか。

この記事もおすすめ
不要なものをそぎ落とし最小限の機能だけで勝負する
コンバージョンというよりも重大なエラー
大事だと思わなければミスにも気がつかない