ページの多いWebサイトはコンテンツの整理整頓が大切 | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年2月28日火曜日

ページの多いWebサイトはコンテンツの整理整頓が大切

おはようございます。
昨日はクライアントの過去のお知らせを精査していました。日々の充実した仕事ぶりがうかがえる素晴らしい内容です。しかし、古いお知らせはなかなか見てもらえない。ようやく見つけたとしても・・・



ページ数の多いWebサイトはコンテンツの整理整頓が大切




分かりにくく当事者にしか伝わらないものが多くありました。さらに、似たような記事が点在してうまく探せないんです。だから読むのに疲れるんです。正確に言うとよく読めばわかるのですが、基礎情報が抜けていたり、難しく書いていたり・・・ほんの少し手を加えることでぐっと分かりやすくなるのです。そして少し気を配るだけで探しやすくなるんです。ダブりをなくし、抜け・漏れを補う。そのうえで難しい言葉遣いを平易に直す。ユーザーの理解を促す図や写真を適切な場所に配置する。そして最後に適切にカテゴリー分けする。これらの基本が徹底できていないせいで、(といっても一つ一つは本当に小さなことばかりです)良いものが伝わりにくい勿体ないコンテンツになっていたのです。散らかった部屋で探し物するような感じです。せっかく良いものがたくさんあるのに・・・整理整頓されていないせいで探すことが面倒になる。Webサイトは3秒、3ページの壁があります。だからこそコンテンツの整理整頓が大切。きれいに整え直したコンテンツはクライアントの本来の良さがにじみ出るものになりそうです。本当に情報の整理整頓は大切。そう感じた1日でした。

この記事もおすすめ
Webサイトも5S活動
5Sじゃなくても整理整頓だけでもすごく効果的
気持ちの整理整頓