小さな変化に違和感を感じるのは一瞬 | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年6月8日木曜日

小さな変化に違和感を感じるのは一瞬

おはようございます。
継続は力なり。昨日もそう感じることがありました。定期的にターゲットにしているキーワードの検索ボリュームを調べていることで貴重な気づきが得られました。その商品を検索する人が確実に増えているのです。1年前に比べ約1.5倍!




小さな変化に違和感を感じるのは一瞬


それなのに・・・その会社のアクセスは増えていないのです。ずっと横ばいを続けている。そしてCV率は下がり続けている。ここ数年目立った新製品もなくWebサイトもお知らせなどを日々の更新が中心でコンテンツ改善にも取り組んでいないのです。

成長市場の中での停滞は想像以上のスピードで競争力を奪っていきます。いち早く市場に参入しユニークなデザインと価格設定で存在感を発揮していたのは昔のことになりつつあるのです。新規参入もあり大手メーカーも本腰を入れ、市場が大きくなっている。にもかかわらず・・・成長体験に安住している。

こういうことを気づいていただくきっかけになるかもしれません。状況が変わったことを理解する。日々の変化は小さいけど確実に毎日状況は変化する。それに合わせて変わる必要があるのに”慣れ”が邪魔をする。小さな変化に違和感を感じるのは一瞬。ちょっと後回しにしたことで慣れてしまい、これまでの方法に安住してしまう。

いまだに問い合わせも多く、利益も出ている。でもゆっくりと確実に悪い兆候が出始めているのです。まさに”ぬるま湯”。こんな時こそ厳しいことをクライアントに伝えるのが仕事です。資料をくわしく説明したほうがいい時もあればデータのみ示し気づくまで待つ方が良い時もある。

でもそうしたサインを定期的に発見できる仕組みは確実に作っていこうと思います。今回の気づきも仕組化された一連の資料のおかげ。必要な情報を必要な人に必要なタイミングで伝える。シンプルで難しい原則に近づけるようこれからも工夫を続けようと思います。

この記事もおすすめ
自然消滅を水際で食い止める
推測や曖昧な記憶で組織は動かない
5年前と比べてみる