やはり餅は餅屋ですね | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年6月19日月曜日

やはり餅は餅屋ですね

おはようございます。
CSSの勉強もひと段落つきました。次はJavaScriptです。基礎勉強にもかかわらずレスポンシブWebデザインを少しかじることができました。CSSフレームワークのBootstrapを使いましたが、こういうことはプロにお任せしたほうがいいなと、改めて理解できました。


やはり餅は餅屋ですね


面白いけど時間がかかってしょうがないんです(本に書いてある通りにコーディングするだけなのに・・・)。仕事ならプロに依頼すべき。プライベート時間での勉強だから許されることです。仕事だったら完全にアウト。やはり餅は餅屋ですね。

目標に向かって準備する。少し先の目標に向かうには準備することも多くなる。そう思っているので挑戦しています。徹底的に土台を固めるのが今年のテーマです。

クライアントも同じだと思います。本業強化に取り組むことが王道。そして会社の最新情報を公開するのがWebサイトの役割。本業強化が順調ならばWebサイトは自然と魅力的になります。クライアントはコンテンツに注力し、情報設計やデザインはプロに任せたほうが良いものになる。

目先の仕事に追われるだけでは思うように成長できない。だから、目先の仕事だけでなく、並行して本業強化に取り組むことが不可欠。本業以外の業務は内製化せずにアウトソーシングすることをお勧めするのはそうした理由があるからです。

自社ビジネスのコアは何か?強化すべきことを取捨選択する。その選択こそ戦略だと思います。会社も個人も強化すべき事柄の取捨選択が大切。その選択は自分でしたほうがいい。自分で決めたことの方がやり切れる可能性が高いし、失敗しても糧になる。取捨選択を人任せにすると結局ノウハウになりにくい。

本業は何か!その問いを忘れないことが大切ではないでしょうか。

この記事もおすすめ
HTML5の基礎勉強が終わりました
土台が脆ければ先には進めない
キャリアを積むほど学ぶことが増えていく